« CentOS 5.5 へ kvm を導入-その2 | ホーム | Linux で SATA のリンクアップ速度を確認する »

2010年9月15日

CentOS 5.5 へ kvm を導入-その3

VM のインストールが終わって、ある程度環境を作ったらせっかくなのでスナップショットを作っておくことにする。

ちなみに、CentoS には qemu-img コマンドは2種類ある。qemu パッケージに入っている qemu-img コマンドではスナップショットを作ったりできない。また、後述する CoW (Copy on Write) 用のイメージ作ろうとするとイメージが壊れた。必ず kvm-qemu-img パッケージの qemu-img コマンドを使おう。

こういう混乱を避けるためにも他のディストリビューションでは kvm-qemu-img の qemu-img コマンドを kvm-img コマンドとしてるみたい。

まずは、シンプルにディスクイメージに対してスナップショットを作ってみる。

# qemu-img snapshot -c 20100915#1 Windows_XP.img

スナップショットの確認。

# qemu-img snapshot -l Windows_XP.img
Snapshot list:
ID        TAG                 VM SIZE                DATE       VM CLOCK
1         20100915#1                0 2010-09-15 09:12:50   00:00:00.000

スナップショットに書き戻す場合は以下の用に通り。

# qemu-img  snapshot -a 20100915#1 Windows_XP.img

スナップショットを削除するには以下の通り。

# qemu-img  snapshot -d 20100915#1 Windows_XP.img

さて、問題なくスナップショットが取れたのはいいけどスナップショットを作るのも、戻すのもかなり時間がかかる。それぞれ、15分以上待たされた。

それじゃあということで、CoW (Copy on Write) によるスナップショットを試すことに。

CoW (Copy on Write) はマスターのディスクイメージは読み込み専用になり、そのディスクイメージへの書き込みは別の差分ファイルに対して行われるというもの。

差分ディスクイメージを用意してあげれば、マスターディスクイメージに手を加えず、ディスクイメージへの変更は、差分ディスクイメージファイルに対して行われるようになる。

差分ディスクイメージを指定して起動すれば、変更は差分ディスクに記録されてマスターイメージを指定して起動すれば、すぐに戻れるという寸法。

複数のスナップショットを取りたい場合には向かないが、こちらの方が自分の使い方には向いている気がする。

差分ディスクイメージは qemu-img で作る。

# qemu-img create -b Windows_XP.img -f qcow2 Windows_XP.diff.img

/etc/libvirt/qemu/Windows_XP.xml の ブートディスクのパスを差分ディスクイメージに書き換える。

<source file="/var/lib/libvirt/images/Windows_XP.diff.img">

設定反映させればおしまい。

# virsh define /etc/libvirt/qemu/Windows_XP.xml

差分をマスターディスクにマージするには、以下のようにする。

qemu-img commit -f qcow2 Windows_XP.diff.img

しばらくコレで運用してみようと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.talkabout.jp/system/mt-tb.cgi/7

コメントする

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、Motoki Kusanoが2010年9月15日 20:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CentOS 5.5 へ kvm を導入-その2」です。

次のブログ記事は「Linux で SATA のリンクアップ速度を確認する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。