2010年11月アーカイブ

2010年11月 4日

CentOS 5.5 へ kvm を導入-その4

CentOS 5.5 へ kvm を導入-その1 で、ブリッジインターフェイスをつくって eth0 のリンクアップを mii-tool で確認すると 100baseTx になっていた件。

ハブのリンクアップランプはちゃんと 1000baseTx になっている。おや?と思い ethtool で確認してみた。

# ethtool eth0
Settings for eth0:
	Supported ports: [ TP ]
	Supported link modes:   10baseT/Half 10baseT/Full 
	                        100baseT/Half 100baseT/Full 
	                        1000baseT/Half 1000baseT/Full 
	Supports auto-negotiation: Yes
	Advertised link modes:  10baseT/Half 10baseT/Full 
	                        100baseT/Half 100baseT/Full 
	                        1000baseT/Half 1000baseT/Full 
	Advertised auto-negotiation: Yes
	Speed: 1000Mb/s
	Duplex: Full
	Port: Twisted Pair
	PHYAD: 1
	Transceiver: internal
	Auto-negotiation: on
	Supports Wake-on: g
	Wake-on: g
	Current message level: 0x000000ff (255)
	Link detected: yes

ちゃんと、Speed: 1000Mb/s となっていた。mii-tool で確認したのがまずかった。
mii-tool は古いコマンドなので、ギガビットなNICに対応してないそうだ。

Linux で SATA のリンクアップ速度を確認する

Linux で SATA のリンクアップ速度を確認しようとしたが、イイ方法が見つからない。lshal コマンドでわかるかと思ったが、ダメだった。そういうときは、dmesg。

# dmesg | grep "SATA link"
ata1: SATA link up 3.0 Gbps (SStatus 123 SControl 300)
ata2: SATA link up 3.0 Gbps (SStatus 123 SControl 300)
ata3: SATA link up 3.0 Gbps (SStatus 123 SControl 300)
ata4: SATA link up 3.0 Gbps (SStatus 123 SControl 300)

チップセット的にも ML115 G1 のオンボードは SATA II (SATA 300) に対応しているコトがわかってひと安心。

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。