« CentOS で Air Video Server (alpha6) をつくる | ホーム | iCloud + SSH + dns-sd で自宅の iTunes へ接続 »

2012年10月 3日

iCloud を利用して自宅の Mac へ SSH する

結構有名ネタですが、次に書くネタの基礎になるのでメモ。iCloud で「どこでも My Mac」を有効にしていると、Apple から独自のグローバルのホスト名と IPv6 アドレスが割り当てられます。

これを利用すれば、自宅の Mac や遠隔地の iCloud に登録してある Mac へ SSH が可能というわけです。これは地味に便利です。

前提として、iCloud で「どこでも My Mac」を有効にし、リモートログインも有効にしておく必要があります。( [システム環境設定] -  [共有] で [ファイル共有]  と [リモートログイン] を有効にする。)

どの Mac でもいいので、「どこでも My Mac」のアカウント番号を確認します。

$ dns-sd -E
Looking for recommended registration domains:
Timestamp     Recommended Registration domain
15:39:54.510  Added     (More)               local
15:39:54.511  Added                          icloud.com
                                             - > btmm
                                             - - > members
                                             - - - > 123456789

最後に表示される9桁の番号が、「どこでも My Mac」のアカウント番号。
これで、iCloud から提供されている Mac のホスト名がわかります。

<computer-name>.<account-number>.members.btmm.icloud.com

以上の組み合わせが Apple から提供されているグローバルのホスト名。
Mac のコンピューター名( [システム環境設定] - [共有] で確認できます。「talkabout-no-computer.local」と表示されていれば、「.local」を省いたところがコンピューター名です。)とアカウント番号を組み合わせると以下のとおり。

talkabout-no-computer.123456789.members.btmm.icloud.com

あとは、このホストに対して外部から SSH するだけ。

$ ssh <account-name>@talkabout-no-computer.123456789.members.btmm.icloud.com
Password:

これで、どこからでも自宅の Mac にいつでもログイン出来ます(電源が入っていれば)。Mac はルーターの中にいても OK。ルーターのポートマッピングなどの設定も必要なし!

SSH が出来るということは・・・ SSH の Port forwarding を使えばアレが出来るんじゃないか?というワケで次回に続きます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.talkabout.jp/system/mt-tb.cgi/19

コメントする

このブログ記事について

このページは、Motoki Kusanoが2012年10月 3日 16:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CentOS で Air Video Server (alpha6) をつくる」です。

次のブログ記事は「iCloud + SSH + dns-sd で自宅の iTunes へ接続」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。